· 

高齢者安全入浴10カ条⑩

「最初の3分間だけはぬる湯で半身浴➾その後全身浴」

高齢者の入浴で、危険なのは最初の3分間です。

心臓と肺に負担のかからない半身浴から始めることで、危険を回避しましょう。

(銭湯や温泉旅館の場合、浴槽内の段に腰かけると半身浴になります。)

 

その後は全身浴で高めの温度(42℃くらい)に追い炊きしてもOKです。

ただし、浴槽から上がる時はゆっくりと!(脳貧血防止)

 

浴槽からあがる前に冷たい水に手を浸すと、冷たい水の刺激が血圧の急低下を防いでくれます。

最初の3分間は半身浴で体を慣らしましょう!