「活性酸素」ってなに?

みなさん、活性酸素ってご存知ですか?

活性酸素というのは簡単に言うと「活発な酸素」の事なんです。

何が活発なのかというと「酸化する力」がとても強いんです。

リンゴをそのまま置いておくと、しなびて褐色になりますよね。

この現象は「酸化」によるものなんです。

しかもこの酸化は私たちの体の中でも起こっているんです。

その一番身近なのが「呼吸」なんです。

人間は、呼吸によって一日に500リットル以上の酸素を体に取り入れています。

細胞はその酸素を使って栄養分を分解し、生きてゆくためのエネルギー和作り出しています。

つまり呼吸で酸素を取り入れる事は生きてゆくために不可欠なことです。

しかし、呼吸で取り入れた酸素の約2%が強い酸化作用を持つ活性酸素になってしまうのを知っていましたか?

これは、酸素をエネルギー源として選択した我々人類には、避けられない事実なんです。

最近の研究で、活性酸素は老化や病気の原因になることが分かってきました。

それでは、活性酸素に対抗するためには、私たちはどんな対策を取るべきでしょうか?

 

活性酸素対策については、次回のブログで解説したいと思います。

それでは、また次回お会いしましょう!